電気針脱毛とは違う美容外科の医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、美容外科で行われる脱毛です。メラニン色素にのみ反応する光を照射することによって、毛乳頭や毛包幹細胞といった毛を発生させる元になっている組織を破壊するのです。

メラニン色素に働きかけるという点から、日焼けをしている場合は皮膚を傷めることになるので、施術を行うことができません。

お手軽な横浜の医療レーザー脱毛サイトで情報を入手してみて下さい。

従来、美容外科で行われる脱毛は電気針脱毛というものでした。

福岡の医療脱毛関しての情報探しを行うならネットが便利です。

これは針を使って一本一本毛を抜いていくというものだったので、とても時間がかかり、さらにかなり痛みも伴う方法だったのです。
それに比べると、医療レーザー脱毛は一度に広範囲の施術が可能です。

処理時間もとても早く、電気針脱毛と比べると痛みも少ないのです。


冷却システムによって肌の表面を冷やすので、それだけダメージが少なくすみ、安心して脱毛を行えるのです。

さらに、医療レーザー脱毛は電気針脱毛とは違い、毛を伸ばしていなくとも脱毛が可能です。

医療レーザー脱毛は毛根に働きかける脱毛法なので、毛を伸ばしておく必要はないのです。


また、レーザーの熱によって真皮層内が軽い炎症を起こしますが、これによって繊維芽細胞が活性化され、コラーゲンの生成が促進され、美肌効果も期待できるのです。

NAVERまとめに関する耳より情報です。

施術後は肌が敏感になっているので、施術部位が紫外線に当たらないような服装をする必要があります。もし術中に何らかの肌トラブルが起こったとしても、施術を行うのは美容外科であるため、医療行為を即座に受けられるというメリットもあります。